大学入学に際した部屋探し|予定に合わせて宿泊できるマンスリーマンションを活用

予定に合わせて宿泊できるマンスリーマンションを活用

間取り図

大学入学に際した部屋探し

内観

一人暮らしに最適な間取り

大学入学に際して親元を離れ、一人暮らしを始める方も多くいますが、学生に人気のある賃貸の間取りとしては「1K」や「1DK」が挙げられます。1Kは、キッチン(K)と居室がドアなどで仕切られている賃貸の間取りであり、毎日自炊をする場合に便利です。そして、キッチンとの仕切りがあるため生活にメリハリが出るというメリットもあります。次に1DKは、食堂付きのキッチン(DK)と居室が仕切られている間取りになっており、食事をする部屋と寝室を分けて利用することができるというメリットがあります。さらに学生に人気のある設備としては、風呂場とは別に設けられた洗面化粧台(床が濡れないで済む)や、ウォークインクローゼットなどが挙げられます。

希望条件の優先順位

賃貸物件を選ぶときは、希望の条件が多くなってしまいがちですが、予算や場所などを考慮すると全ての条件を満たす物件というのはなかなか見つかるものではありません。ですので希望条件に関しては、その優先順位をあらかじめ決めた上で賃貸物件を探すように注意する必要があります。学生の場合は、学校に通うことが第一の目的なので、学校に近い場所を選んだほうがよいと言えるでしょう。ただし学校が都市の中心部にある場合は、予算の都合から家賃が安い郊外などを選ばざるを得ないこともあります。なのでその場合は、できるだけ交通アクセスのよい場所を選ぶといった工夫も必要でしょう。また、特に女子学生の場合は、防犯を考慮する必要があるため、オートロックの設備があるかどうかということも重要な条件になると言えます。